HOME  >> CFD業社選びはカバー先が命  >> CFD業者各社とそのカバー先

CFD業者各社とそのカバー先

CFDのカバー先として6社が日本国内で活動しています。
彼らがどのCFD業者とパートナーシップを結んでいるのかは以下の通りです。
※以下のCFD業社は日本に参入している全ての業者です。

CFD取扱業者 カバー先
インヴァスト証券 GFT
SBI証券 GFT
オリックス證券 GFT
内藤証券 GFT
ドットコモディティ
(09年4月開始)
GFT
SVC證券 SAXOBANK
ひまわり証券 SAXOBANK
ユニマット証券 SAXOBANK
上田ハーロー SAXOBANK
カカクコムフィナンシャル SAXOBANK
ODL JAPAN ODL SECURITIES LIMITED
CMC Markets Japan CMC Makerts
東岳証券
(旧イーストヒルジャパン)
City Credit Capital
IVTインベストメントバンキング
※BtoBのみ
City Credit Capital
エフエックス・オンライン・
ジャパン
IG GROUP
※エフエックス・オンライン・ジャパンはIG GROUPによって買収済み

カバー先企業の特徴

世界的にCFDの御三家といわれているのは、CMC Makerts、SAXOBANK、IG GROUPです。上記表をご覧になっていただければわかりますが、日本の事情はちょっと違います。

GFT

gft.jpg

GFTはアメリカの企業で、CFD業界の中では新興勢力です。しかし、アメリカ国内ではCFDは禁止されています。そのため活動は世界の中でも日本が中心です。そのため世界的な実績はほとんどありません。
SBI証券やオリックス証券などの大手とパートナーを組むというあたりからも、日本重視の戦略がうかがえます。

モデルとしてはCMC Makertsを真似している点があり、今後、GFTがCFD取扱業者となる可能性もあります。

SAXOBANK

saxobank.jpg

SAXOBANKはデンマークの企業でユニバーサルバンク(銀行や証券といった金融業務の全てを手掛ける総合金融機関)です。そのため、リスク管理を非常に厳しく行なっています。SAXOのパートナーのひまわり証券は信託保全にまだ対応していませんが、投資家の証拠金はSAXOが全額保護することになっています。

また、サーバーの安定力が非常に高く、安心してトレーディングできる環境を提供しています。
世界的でも日本国内でも実績は十分です。カバー先としては最も安心できるといってよいでしょう。

CMC Makerts

cmc.jpg

CMC MakertsはCFDが生まれたイギリスの企業であり、CFDのパイオニアとしての世界的な実績があります。ただ、必ずしもいい評判ばかりではなく、悪い噂もチラホラあります。

日本国内では、CMC Markets Japanという自社ブランドでCFDの取扱を行なっています。カバー先としてどこかの証券会社とパートナー契約することも十分ありえます。
「自分達でトレーディングをしてポジションをとっていく」というがCMCのモデルです。トレーディングをしているのでハイレバレッジにしてフローを集めようとします。リスクも高いです。実際にCMC Markets Japanの最大レバレッジは200倍と非常に高いです。

レバレッジの高さは、宣伝文句にはなりますが、すぐにストップアウト(自動ロスカット)してしまったり、悪いところで約定してしまったりする可能性もあります。

その他

FXオンラインジャパンを買収した世界的な実績があるIG GROUPは近日サービスを開始予定です。IGはイギリスでは最大手の企業で、CFDをはじめて提供したという実績があります。取扱銘柄はなんと9000以上です!今後の日本での活動に注目といったところでしょう。

また、ODL SECURITIES LIMITEDやCity Credit Capitalは世界的にも日本でもあまり実績はありません。

ページ先頭

日本国内の全CFD業社を徹底比較(PDF無料ダウンロード)

CFD業社選びはカバー先が命

CFDの基礎知識

既存の投資と徹底比較

銘柄分析