HOME  >> 既存の投資と徹底比較  >> 日経225と比較

日経225と比較

株価指数や日経平均に連動する日経225先物、日経225miniとCFDを比較してみると、CFDのメリットが多くあることに気づいてもらえると思います。

大手CFD業者であるCMCひまわり証券SVC證券と比較してみましょう。

取引時間

日経225
  • 9時~11時
  • 12時30分~15時10分
  • 16時30分~20時
CMC
  • 9時~11時
  • 12時30分~15時10分
  • 17時~翌朝6時15分
日経225
mini
  • 9時~11時
  • 12時30分~15時10分
  • 16時30分~20時
ひまわり
証券
  • 7時15分
    ~翌朝6時55分
  SVC證券
  • 月曜日の7時
    ~土曜日の7時

※サマータイム制度のある業者もあります。

上記の表の通り、取引可能時間が長いのがCFDのメリットの1つです。

最低単位

日経225 日経225mini CMC ひまわり証券 SVC證券
1,000単位 100単位 1単位 1単位 1単位

最低取引金額とは、日経平均株価に最低単位をかけることで売買単位が出てきます。
日経225であれば、株価が5,000円の場合、1,000単位分の500万円から取引が可能になります。日経225miniであっても10分の1の50万円です。
しかし、CFDならば1単位5,000円から取引か可能です。つまり、小額の資金で運用が可能になるのです。

最大レバレッジ

日経225 日経225mini CMC ひまわり証券 SVC證券
20~30倍 20~30倍 200倍 20倍 40倍

※銘柄などによって異なる場合もあります。

手数料

日経225 日経225mini CMC ひまわり証券 SVC證券
300円~2100円 48円~105円 無料 無料 無料

様々な面から見て、日経225とCFDを比べてみると、CFDのほうがメリットも多く、運用しやすい環境になっていると言えるでしょう。

ページ先頭

日本国内の全CFD業社を徹底比較(PDF無料ダウンロード)

CFD業社選びはカバー先が命

CFDの基礎知識

既存の投資と徹底比較

銘柄分析