HOME  >> 既存の投資と徹底比較  >> 債券と比較

債券と比較

債権とは国や企業が、資金を調達するために借用証明書を発行し、投資を募るという方法です。(改めて説明する必要もないかもしれませんが)
債権の1つである個人向け国債を購入すると、半年に1回利子を受け取ることが出来き、満期になれば元金も戻ってきます。

しかし、債権CFDでは、「個人向け国債のように金利の受け渡しで利益を貰う」というものではありません。
株式や商品と同じように売買し、そこから儲けを算出する形になります。ですので、通常の債権とCFDの債権では投資の仕組みは全く違うのです。

<債権CFDの特徴>
何よりも株や株価指数よりトレンドが分かりやすいという点がメリットです。
債権価格は、金利が低下すると上昇し、金利が上昇すると下落する点が特徴だからです。
金利が下げ止まったのを確認し、カラ売りをすることで儲けることも可能です。
債権CFDでは、オーバーナイト金利が発生しないので心おきなく、カラ売りすることが出来ます。

CFDで主に取引されている債権は、社債ではなく国債がメインになっており、日本だけではなく、様々な国の債権を売買することも可能です。

債権は、借用証明書ですので企業が倒産してしまうと、債権の価値が全くなくなってしまうというデメリットがあります。
債権CFDでは、国債を扱っているので、その国がなくなってしまうと価値がなくなってしまうことになります。その可能性はかなり低いですが、頭に入れておきましょう。

債権CFDのメリットとして、レバレッジをかけられるので、小額の証拠金で債権を購入することが出来ます。
通常であれば、100万単位の資金がなければ債権の購入は難しいので、債権を購入してみたい。という人にはおすすめです。

債権CFDが取引できる国と業者一覧

SVC証券 CMC
アメリカ
  • アメリカ30年国債
  • アメリカ10年国債
  • アメリカ5年国債
  • アメリカ2年国債
  • アメリカ30年国債
  • アメリカ10年国債
  • アメリカ5年国債
  • アメリカ2年国債
カナダ  
  • カナダ10年国債
  • カナダ3ヶ月預金金利
オーストラリア  
  • オーストラリア10年国債
  • オーストラリア3年国債
  • オーストラリア銀行手形
ユーロ
  • ドイツ30年国債先物
  • ドイツ10年国債先物
  • ドイツ5年国債先物
  • 欧州銀行間取引金利
  • ユーロ30年国債
  • ユーロ10年国債
  • ユーロ5年国債
  • ユーロ2年国債
  • ユーロスイス間金利
  • ユーロ円間金利
イギリス
  • 10年国債先物
  • イギリス国債
  • イギリス短期国債
日本
  • 日本国債
  • 日本国債

ページ先頭

日本国内の全CFD業社を徹底比較(PDF無料ダウンロード)

CFD業社選びはカバー先が命

CFDの基礎知識

既存の投資と徹底比較

銘柄分析