HOME  >> 既存の投資と徹底比較  >> 商品先物取引と比較

商品先物取引と比較

商品先物取引と商品CFDを比較してみます。

商品先物は、CFDのようにレバレッジをかけることが出来ます。その点では共通しています。しかし、商品CFDの方レバレッジ率が高いです。

商品CFDは24時間取引ができる!

商品CFDの特徴は、日本の商品先物市場に連動しているのではなく、海外市場で取引されている価格に連動していることです。
海外の主要市場の価格が反映されるので、世界の動きと共に取引をすることが可能になるのです。

特徴として、商品CFDは24時間取引が可能です。(日本の商品先物は9~17時30分)銘柄も原油・金のほかにも牛や小麦、大豆など貴金属や資源、穀物など多種多様です。

地球環境を考慮して、穀物を原料としたバイオ燃料が注目されています。
バイオ燃料が開発されたことや、新興国の経済成長が著しいことにより、先物取引価格が上昇傾向にあります。

最近、日本での商品先物では、売買高が下がるばかりでした。
ガソリンなどの流動性が高い銘柄であっても、張り付きストップが続く場合もありました。
しかし、アメリカでの商品先物は大きな市場として認識されており、流動性が確保されています。
アメリカの商品先物が売買できる、世界中の商品先物が売買できる、ということは、日本市場へのリスクヘッジも可能になります。

前述の通り商品CFDは、24時間各国の市場にアクセスすることが出来るので、昼間働いている方でも、帰宅後の空いた時間などを利用して取引をすることが可能です。

商品売買でオーバーナイト金利が発生しないので、長期保有も可能になります。
しかし、流動性が高い商品先物ですので、資金管理が重要になってきます。

以下に商品CFDと商品先物取引の比較表を掲載します。参考にしてください。

  CMC オリックス 商品先物
取引市場 アメリカ
イギリス
アメリカ 東京、関西
中部大阪
取引時間 24時間(※) 24時間(※) 9時~17時30分
取扱銘柄 金・銀・銅
プラチナ・麦・
肥育用牛など
原油・銀・銅
プラチナなど
金・銀・プラチナ
原油・ゴム など
期限 無し 無し 有り
レバレッジ 最大100倍(※) 最大20倍 10~40倍(※)
手数料 無料 無料 片道
294~525円ほど(※)

(※)部分は、銘柄や業者によって違います。

ページ先頭

日本国内の全CFD業社を徹底比較(PDF無料ダウンロード)

CFD業社選びはカバー先が命

CFDの基礎知識

既存の投資と徹底比較

銘柄分析