HOME  >> CFDの基礎知識  >> CFDでカラ売り - 外国株、株価指数、債権、商品がカラ売りできる!

CFDでカラ売り - 外国株、株価指数、債権、商品がカラ売りできる!

CFDのメリットとして、カラ売りで利益を出すことが出来ます。
それも、日本国内だけでなく海外の株式や株価指数、債権、商品をカラ売りすることができるのです。

カラ売りとは

カラ売りについて簡単に解説させていただきます。(ご存知の方は読み飛ばしてください)

A社の株価がこれから下がると判断したとします。
保有はしていないが、このA社の株を借りてきて売却します。そして、売却後さらに下がった株を買い戻すことにより差益を出す取引のことです。

暴落時には大きく勝てることも

CFDでは信用取引専用の口座を設ける必要がありません。
現物株のカラ売りは6ヶ月以内に弁済しなければならないのですが、CFD取引でカラ売りをした場合、弁済の期限というものは定められていません。

2007年から2008年は相場が大暴落しました。もし、この時にカラ売りをしていた場合、膨大な儲けを出せたかもしれません。(大負けしてしまう可能性もありますが)
しかし、まだまだ遅くはありません。

2009年は大不況の真っ最中です。ですので、世界中の株やコモディティをカラ売りすることで、勝てる可能性はあります。

CFDでは、リスクヘッジも大変有効となってきます。
日経225先物に投資をしていると、日本での取引終了後に様々な理由で相場が急変し、大損害をこうむる場合もあります。

しかし、CFDでは日経225株価指数を売買できるので、相場が急変しても日本で売買しているポジションの逆ポジションを売買することが出来るのです。このような新しいスタイルができるのもCFDのメリットです。

ページ先頭

日本国内の全CFD業社を徹底比較(PDF無料ダウンロード)

CFD業社選びはカバー先が命

CFDの基礎知識

既存の投資と徹底比較

銘柄分析