HOME  >> CFDの基礎知識  >> 相対取引・証拠金取引のおさらい

相対取引・証拠金取引のおさらい

CFDのメリットは少ない投資金額で多くの利益を得ることが出来る点です。
CFDは「相対取引」と「証拠金取引」の仕組みを採用しているため、テコの原理を働かせることができるのです。

読者の皆さんはFXをされていらっしゃる方が多いと思います。そのような方には相対取引や証拠金取引についてはご理解できていると思うので、このページは読み飛ばしてください。

相対取引について

相対取引について解説させていただきます。

通常の取引の場合、投資家と証券取引所との間に証券会社が仲介に入ります。

しかし、相対取引の場合は、投資家とCFD業者との契約のみで証券取引所は仲介に入りません。「証券取引所を通さずに取引すること=相対取引」と覚えてください。

従来の取引との比較

ですので、投資家が「A社の株を100円で売ります」という契約をCFD業者と結ぶだけで、証券取引所は一切関与しませんし、現物も存在しません。

市場を通して現物株を購入するのではなく、CFD業者が市場の価格を参考にし、それに基づいた価格で、投資家とCFD業者との契約を結ぶということになります。

決済するための現物株がある「信用取引」とは異なるのです。
そのためCFD業者選びがとても重要になってくるということを覚えておきましょう。

証拠金取引について

次に証拠金取引について解説させていただきます。

例えば、あなたの投資資金が50万円あったとします。この資金を証拠金としてCFD口座に預け入れます。
この証拠金50万円を担保として、1~数百倍の価格の商品の取引が可能になるのが証拠金取引です。

この証拠金50万円で10倍の価格の株=500万円分の株を買った場合、株価が10%アップするだけで、利益は50万円になります。あなたの投資額50万円が一気に100万円となるのです。
しかし、株価が10%ダウンすると、損失が50万円となり、投資額50万円が0円になるので。「FXで数分間で●百万円損をした・・・」というのはこれが原因です。

このように、証拠金取引では「少ない投資額で多額の投資が出来る」というメリットがあります。

業者の自己資本規制比率は必ずチェック!

CFDは信用取引ではないので業者選びもとても重要になってきます。口座を開設する前に業者の「自己資本規制比率」が高いかチェックしましょう。

「自己資本規制比率」とは、金融商品取引業者の健全性を測る指標となっています。
比率は、120%を下回ってはいけないと定められているのです。

自己資本規制比率は、3月、6月、9月、12月末に公表することが義務付けられています。
必ず確認して、自己資本規制比率が出来るだけ高い業者を選んでください。

ページ先頭

日本国内の全CFD業社を徹底比較(PDF無料ダウンロード)

CFD業社選びはカバー先が命

CFDの基礎知識

既存の投資と徹底比較

銘柄分析