HOME  >> 銘柄分析  >> CFDで取引できるアメリカの個別株

CFDで取引できるアメリカの個別株

CFDで取引できるアメリカの個別株にはどのようなものがあるのでしょうか。

アメリカには、ナスダック、ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所があります。
世界的なビッグネームであるコカコーラやマクドナルド、ティファニー、マイクロソフト、グーグルなどが数多く存在していますが、金融危機で壊滅状態に追い込まれた企業もあります。

カナダ市場では、金やアルミなどの企業が多く、資源国らしい市場になっています。

アメリカもカナダもCFD取引をするための必要証拠金率は5%、最大レバレッジは20倍となっています。売買手数料は、証券会社と比べるととても安く、約定代金の15.75ドルとなっています。

CMC Markets Japanでの北米の個別株の銘柄数は、アメリカ市場で1,331銘柄、カナダ市場で203銘柄を取り扱っています。

ひまわり証券での北米の個別株の銘柄数は、アメリカ市場で2,245銘柄取り扱っています。

SVC證券での北米の個別株の銘柄数は、アメリカ市場で2,312銘柄取り扱っています。

アメリカ市場は2008年のサブプライム問題で、多くの投資家の頭を悩ませています。
アメリカ株式市場の世界に占める割合は、約30%と大きく、日本は2位ですが、約8%しか占めていません。アメリカ市場は、規模からいってどうしても無視することができない市場でもあるのです。

米国株を売買するメリットとしては、分散効果があげられます。即効性がある米国株に注目するのもよいのではないでしょうか。
日本だけでなく、資産の一部を米国株やその他の国の通貨に分散することで、多くの効果が期待できるのです。

業者別取扱銘柄比較表

  CFD業者
国名 CMC ひまわり証券 SVC証券
アメリカ <547銘柄>
  • アフラック(保険)
  • シティグループ(銀行)
  • グッドイヤー(タイヤ)
  • コカコーラ(飲料)
  • ナイキ(スポーツ)
など
<2,245銘柄>
  • アルコア(金属)
  • ボーイング
    (輸送用機器)
  • コーチ(衣料)
  • フォード(自動車)
  • フェデックス(輸送)
など
<2,312銘柄数>
  • アップルコンピューター
    (電気機器)
  • アマゾンドットコム
    (IT)
  • コストコ(衣料)
  • イーベイ(IT)
  • グーグル(IT)
など
カナダ <203銘柄>
  • アルキャン(アルミ)
  • ヤマナゴールド
    (資源)
  • バリックゴールド
    (資源)
など
   

ページ先頭

日本国内の全CFD業社を徹底比較(PDF無料ダウンロード)

CFD業社選びはカバー先が命

CFDの基礎知識

既存の投資と徹底比較

銘柄分析