HOME  >> 銘柄分析  >> CFDで取引できる商品・コモディティを分析してみる

CFDで取引できる商品・コモディティを分析してみる

CFDでは、商品(コモディティ)を世界基準の価格で売買することが出来ます。
最近、コモディティの取引が注目されています。その注目理由をまとめてみました。

商品 注目理由
インフレ懸念、サブプライム問題からの金融不安、
ETFの登場
インフレ懸念、金融不安から実物資産への移行
白金・パラジウム 排ガス規制などによる環境問題、
金融不安から実物資産への移行
原油・石油製品 中国による需要や、中東情勢の緊迫化
ゴム 中国における自動車用ゴムの需要
アルミニウム 中国の非鉄需要の増加
大豆・コーン バイオ燃料の需要増加
粗糖 バイオ燃料の需要増加

コモディティ取扱業者

CFDでコモディティを取り扱っている業者は、オリックス証券が8種類、CMC Markets Japanが30種類です。CMC Markets Japanでは様々な商品を売買することが可能です。

種別 オリックス証券 CMC Markets Japan
作物   とうもろこし・綿花・肥育用牛・赤身豚肉・生牛・冷凍豚腹肉・オーツ麦・もみ米・大豆・大豆ミール・大豆油・米国小麦
ソフトコモディティ   板材・オレンジジュース・ロブスタコーヒー・英国ココア・英国砂糖・米国ココア・米国コーヒー・米国砂糖
エネルギー WTI原油先物・ロンドン天然ガス先物・北海ブレント先物 RBOB改質ガソリン・英国原油・米国原油・米国ヒーティングオイル・米国天然ガス
金属 金スポット・銀スポット銀先物・プラチナ先物・銅先物 銅・金先物・バラジウム・プラチナ・銀先物
貴金属   金対米ドル・金対豪ドル・銀対米ドル

CFDでのコモディティには満期日がないのが特徴となっています。価格も海外商品先物市場価格で取引できます。
また、オーバーナイト金利が発生しないので、レバレッジを抑えて長期投資をすることも可能になってきます。

ページ先頭

日本国内の全CFD業社を徹底比較(PDF無料ダウンロード)

CFD業社選びはカバー先が命

CFDの基礎知識

既存の投資と徹底比較

銘柄分析