HOME  >> 銘柄分析  >> 株価指数CFDを分析してみる

株価指数CFDを分析してみる

CFDで取引できる日本の株価指数にはどのような銘柄があるのでしょうか。
日本の株価指数は、日経225先物に連動している株価指数CFD、TOPIXに連動している株価指数先物CFD、そして業種別指数CFDの3つに分けられます。

株価指数CFDは、日経平均株価を対象とした取引となります。
株価指数先物CFDは、東京証券取引所での銘柄を、時価総額で集計したものとなります。
業種別指数CFDは、東証一部に上場している業者を、業者別株価指数として発表し、それに基づいた取引です。

「株価指数CFD」「株価指数先物CFD」「業種別指数CFD」では、それぞれ、手数料や金利が違ってきます。
オーバーナイト金利やスプレッド、レバレッジなども勿論違ってくるので、自分にあったもの、そして「売り」「買い」はどの銘柄がいいのか。という点で判断することも重要になってきます。

ポイントとしては、売りは株価指数CFD、買いは株価指数先物CFDがいいでしょう。

株価指数CFD・業者別比較

株価指数CFDを取り扱っている業者は、CMCひまわり証券SVC證券など多くの業者が取り扱っています。

  CMC ひまわり証券 SVC證券
取引時間 9時~11時
12時30分~15時10分
17時~翌朝6時15分
9時~15時 9時~15時
手数料 無料 無料 無料
最大レバレッジ 200倍 20倍 40倍
最低単位 1単位 1単位 1単位

株価指数先物と業種別指数

株価指数先物CFD、業種別指数CFDは、現在CMCのみでしか取り扱っていません。
業種別指数CFDで日本の銘柄は現在10種類あります。、電気機器、輸送機器、銀行、化学、電気ガス、商良品、情報・通信、石油・石炭、医薬品、卸売りとなっています。

業種別指数CFDでは、電気機器、輸送用機器、銀行の3業種は、東証でも取引されています。

ページ先頭

日本国内の全CFD業社を徹底比較(PDF無料ダウンロード)

CFD業社選びはカバー先が命

CFDの基礎知識

既存の投資と徹底比較

銘柄分析